交通事故

わたしたちの人生を一瞬のうちに狂わせてしまう、交通事故。だれでも生涯において、最低でも一度はこの交通事故に、なんらかのかたちで出くわすことがあることかとおもいます。
いつもの通勤ルートをクルマで移動中、正面衝突が起きていたらしく、まわり道をしなければならなくなった、だとか。曲がり角付近のガードレール下に、花と缶ジュースとがお供えものとして置かれていただとか。 
こういった、間接的な交通事故とのかかわりはもちろん、なかには、じっさいに加害者・被害者のうちのどちらか、または、それらの親族や友人・知人とした立ち位置での関係として、交通事故にかかわったという経験をもつ方も、じっさいには多くいらっしゃることかとおもいます。

自動車社会と言っても差し支えないであろう現代社会において、クルマやバイク・原動機付自転車というものは、やはりわれわれの生活のなかで、失うわけにはいかない、もはや生活サイクルの根幹になっていると称すべきアイテムです。

しかし、この自動車というものは、ほんとうに便利すぎるがゆえに、ひとたび用い方を誤れば、取り返しの付かない事態を引き起こしもするのです。
そんな交通事故について、あらためてわたしたちは考えてみるべきではないのでしょうか?






What's New

2013/02/05
新着記事3を更新。
2012/11/08
新着記事2を更新。
2012/10/17
新着記事を更新。
2012/6/27
病院にを更新。
2012/6/27
ひき逃げを更新。
2012/6/27
仮にを更新。
2012/6/27
その種類を更新。
2012/6/27
交通事故での心得を更新。
2012/6/27
ホームページリニューアル

Recommend Entry

状況を理解

事故が起きてしまってパニックになってしまう、でもそこで一旦落ち着いて状況を理解しましょう。そこで冷静さを取り戻す事が出来るかも知れません。

落ち着くために

事故が起きた時には、誰でもパニックになります。自分だけは冷静でいられると思っていてもそううまくはいきません。落ち着くためには、深呼吸も大事なことですよ。

未然に防ぐ交通事故

交通事故を未然に防ぐには、当然ながら交通ルールを把握しておかないといけません。ですが交通ルールに反することで事故に繋がるのです。交通ルール意外にも、頭の中でシミュレーションをすることが、一番大切です。